So-net無料ブログ作成
前の7件 | -

等身庵、注文の作品Vol.2 [陶芸作品]

前回注文によって作成した作品をアップした。

もう少しあったので続けてアップ

0116-01-kuro.jpg

黒の大皿2枚とビアマグ

0116-03-kuro.jpg

黒の大皿は10寸皿(30㎝ぐらい)

化粧泥をぶっかけて風情を出した。

0116-04-kuro.jpg

続いてコーヒーカップ

0116-06-kuro.jpg

注文主は西〇さん、

酸っぱい作品を所望したいと・・・難しい要望

それに答えて東西南北のW極を取っ手に、ど~だ!

0116-05-kuro.jpg

もう一つの酸っぱい作品のコーヒーカップ

0116-07-kuro.jpg

自分勝手に酸っぱい作品と言っているが

ほんとに酸っぱいか????

右手の人しか使えません。

0116-08-kuro.jpg

持ちにくいんじゃないと思おうが・・・

実は結構手になじむ造りに仕上げてます。

今回もバックはクリスマスモード。

nice!(33)  コメント(0) 

本職の陶芸作品、注文による。 [陶芸作品]

昨年来、注文を受けていてさぼっていた作品が

やっとできた。

0114-01-order.jpg

Mさんご依頼の器ども!

全て、赤い土の作品を所望された。

0114-02-order.jpg

30㎝の大皿2枚と取り皿5枚

0114-03-order.jpg

これは菓子鉢にでも盛り皿にでも両様できます。

0114-04-order.jpg

皿のドットは化粧泥で!そこに依頼主希望のサイン

”む”と施したの依頼主のオンリーワン。

0114-05-order.jpg

赤土に粉引と言う手法で白のカップにねる。

泥につける際の指跡を景色と言う。

0114-06-order.jpg

皿同様、ドット模様のビアマグ。

泡立ちが良い釉薬です。

0114-07-order.jpg

フリーカップの大きさ。

珈琲にもお茶にも、そしてそば猪口にも

ユーティリティカップと言える。

0114-08-order.jpg

昨年末、クリスマスの時期が窯出しだったので、

バックの景色はクリスマス。

時期外れですがご容赦を!

今回はMさん依頼の赤でした。

nice!(38)  コメント(0) 

ランチでいっぱい断念の店、夜行ってみた「花吉祥」 [グルメ]

一度、ランチしたくてちょいっと覗いたら

メッチャ並んでて駐車すら出来ずスルーした。

その店の名前が「花吉祥」

0112-01-kisho.jpg

夜なら予約ができると言うことで

スタート時間の5時に行く。

0112-02-kisho.jpg

暖簾をかき分けて、いざ入場、入店

0112-03-kisho.jpg

室内はこんな感じ広く区切られている。

ちょっと殺風景なムードではある

0112-04-kisho.jpg

トイレへの訳分からん空間があって

分からんディスプレイ

0112-05-kisho.jpg

といれも変わった雰囲気ではあるが綺麗

清潔感は感心する

ここからディナーの陳列

0112-06-kisho.jpg

まずはびーる、注文はアラカルト

バイガイを煮たのは突出しですが美味い。

0112-07-kisho.jpg

刺し盛り6店盛り

鰆の炙りが絶品でした。

0112-08-kisho.jpg

烏賊の姿焼きは安定して美味い。

メニューが良いね。セレクト楽しい。

0112-09-kisho.jpg

ブリ窯が出てきました。

もう少し大振りを期待していたんだけどね。

魚は大振りほど美味しいと思う。

0112-10-kisho.jpg

お店の腕が現れる出汁巻!

関西やね。出汁巻、魚のアテになるからね。

関東の卵焼きとは違うもんかな?

良い区分で沢山飲めた。

0112-11-kisho.jpg

そろそろと言って鳥のごろごろ焼きを・・・

いや~まだ飲まなきゃ~の気分。

相方はここの絶品卵のご飯を食していた。


nice!(32)  コメント(0) 

元気を出そう、鰻が良いか「神吉」へGO! [グルメ]

ちょっと元気を出そうか~~ランチで!

0110-01-kami.jpg

やっぱり鰻か~~、大阪狭山市の老舗

「神吉」にGO!

エントランスの佇まいからして・・・・

0110-02-kami.jpg

店内は非常に整然としています。

まっすぐ奥が和の庭

0110-03-kami.jpg

鹿威しなんぞが、ぽこ~~~んとなったりして。

ここからお店の設えを紹介

0110-04-kami.jpg

古物がそらそこらに置かれている。

古物はよく分からん、贋作も多いからね。

でも雰囲気は良いうなぎ屋を醸し出す。

0110-05-kami.jpg

奥の右手にはこたつ式の半個室がある。

奥の仏像も綺麗に陳列。

0110-06-kami.jpg

奥のお庭の方から入口を見たらこんな感じ!

テーブル席の一枚板、立派です。

0110-07-kami.jpg

右の座卓の奥には興福寺の阿修羅像???立像。

(興福寺は半跏像だったっけ?)

レプリカであることには間違いないが立派

0110-08-kami.jpg

こんなに店内を紹介するともう、鰻食べなくてもいいや!

そんな感じで店内を闊歩、他にお客いなくなったからね。

席で、鰻を待つ相方

0110-09-kami.jpg

メニューの冊子です。

0110-10-kami.jpg

各ページ写真付きで紹介しています。

このうな重にしました。

0110-11-kami.jpg

なんと写真と寸分違わぬうな重が出てきました。

0110-12-kami.jpg

美味しいには違いないが、ちょっと希望が大きすぎたのか?

ほくほく感に欠けていた。

香ばしさで勝負なら、もうすこしインパクトが!

ま~贅沢は言えない、最近のウナギ事情から言えばね。

0110-13-kami.jpg

気を取り直して、最後に座席からのお店を紹介します。

座った状態で、店内を見た。

0110-14-kami.jpg

我々の席の横にも古物がいっぱい。

価値が分かりませんが、投資してるね。

お店の装飾に。

すみません、ディスプレイ > 鰻のアップでした。

nice!(43)  コメント(0) 

もう行きません。3か所目の初詣「住吉大社」 [関西小旅行]

地元の加賀田神社

隣の富田林の滝谷不動尊を正月に初詣

この日は会社の初出勤

0108-01-sumi.jpg

会社の5人で初詣!

入口の鳥居に拝して入場

住吉神社と書いてますが、「住吉大社」で正解。

0108-02-sumi.jpg

本殿、国宝にお参り

6日なので、人も少ないけどそこそこいるね。

屋台もまだメイン道路には並んでた。

0108-03-sumi.jpg

大社のはずです。菊の御紋は天皇家の縁(えにし)

0108-04-sumi.jpg

社(やしろ)は流石の風格。

本宮は第1~4本宮まで、すべて国宝のはずです。

0108-05-sumi.jpg

やっぱり神社には朱の色が似あう。なぜ?

0108-06-sumi.jpg

屋根にも金色に輝く菊の御紋

青空に眩しすぎます。

0108-07-sumi.jpg

おみくじも満載ぶら下がる。

0108-08-sumi.jpg

5人の結果、中吉3名、小吉2名

今年はこんな感じかもねと!インパクト無いおみくじでした。

0108-09-sumi.jpg

それでも、おみくじの山です。

因みに6日にはおみくじ販売の巫女さんもいません。

よって、自分でお金を入れて自分で番号曳いて

自分でその番号のくじを抜いて見ます。

なんとも無機質なおみくじではあります。200円!

0108-10-sumi.jpg

最後にいい神宮ではあります。

古墳時代から海の神様、平安時代には和歌の神様。

0108-11-sumi.jpg

最後の1枚がこれ太鼓橋

これを見たら

あ~~~住吉さんと思ってくれるはず。

綺麗です。

nice!(41)  コメント(0) 

初詣2か所目は「滝谷不動尊」富田林 [関西小旅行]

子供・孫を引き連れて正月2日、2か所目の初詣を目指す。

富田林の滝谷不動尊

駐車場まで1時間程度の渋滞に会うが辛抱強く。

0106-01-taki.jpg

道を隔てて本堂、駐車場サイドから階段を下って進みます。

その上あたりの西国33か所

ここをめぐると33か所制覇???

0106-02-taki.jpg

そうこのカーブの建物が西国33か所と言うらしい。

0106-03-taki.jpg

道路を渡って本堂手前の坂道の

赤いタスキが「謹賀新年」お正月です。

0106-04-taki.jpg

鐘楼、本堂そして山の方に多宝塔。

流石弘法大師さんが開かれたお寺、高野山と同じ多宝塔です。

0106-05-taki.jpg

本堂前の提灯「南無大望不動明王」と示すか!

821年弘法大師が開かれたという。

山号「瀧谷山」寺号「明王寺」

0106-06-taki.jpg

本堂の上の方には登ってみよう。

厄除け魔除けなら日本3大不動の滝谷やね。

霊験あらたかなり。

0106-07-taki.jpg

お参りしたり、焚火にあたったり、おみくじ引いたり

美味しい昆布茶の接待を受けた。

0106-08-taki.jpg

そして裏道から多宝塔を目指す先にカッコいいお堂。

色が紫色ベースで粋と思うけど、しめやかに佇む。

0106-09-taki.jpg

多宝塔の真ん前に来ました。

明王様かなにかが祀られていた。

0106-10-taki.jpg

振り返ってきた道の駐車場サイドのビュー

0106-11-taki.jpg

多分これが三宝荒神堂。

また来た道を下がって下がって

0106-12-taki.jpg

かなり奥の方まで来た。

滝行場・瀧不動堂まで下って来た。

ここでポイント!

滝谷不動尊は目の神様でもあるし、芽が出る神様と言われている。

0106-13-taki.jpg

なぜどじょうが目にいいのか?

由来を読んで、皮に流しました。

最近目の調子(緑内障)良くないからね。

因みに引いたおみくじは吉でした。

nice!(46)  コメント(2) 

2020年初詣は地元の鎮守様「加賀田神社」 [河内長野散歩]

新年定例の初詣は加賀田神社

0105-01-kaga.jpg

地元の鎮守様

歴史は色々ある、不詳だが古そうだ。

0105-02-kaga.jpg

いつ創建されたかわからないが、「文明11年(1480年)社殿を再建せり」

とあるので、520年以上の歴史をもっていることになります。

とHPに記載あり。

0105-03-kaga.jpg

1の階段上に社務所などあって

本殿は2の階段上か?

鳥居の注連縄(しめなわ)が緑過ぎてびっくり!プラかも。

楠公神社と書いているがどんな謂れが?


0105-04-kaga.jpg

本殿の色彩が鮮やかなのは、楠公を記念して最近完成

0105-05-kaga.jpg

嘉永6年(1853年)火災で拝殿 薬師堂 中門 玉垣が焼失し、

安政5年(1858年)になって再建し、現存の社殿になった。

0105-06-kaga.jpg

そんな歴史の加賀田神社が毎年定例の初詣

街を見渡せる高台にあります。

0105-07-kaga.jpg

最後の一枚が笑えるかも!

お賽銭はPAY!PAY!でど~ぞ!

残ポイントが32円支払っちゃいました。

おみくじ中吉。

nice!(24)  コメント(1) 
前の7件 | -